女性のイカせ方 女性をイカせる挿入テク

女性のイカせ方テクニック講座!「女性をイカせる挿入テク」のページです。

女性のイカせ方研究所 サイトマップ

挿入するタイミング

挿入したからといって女性を必ずイカせられるわけではありません。むしろ逆で、クリトリスではイケても挿入では中々イケないという女性はかなり多いです。前戯がうまく行っていても挿入した途端にトーンダウンしてしまう、ということも珍しくありません。
まず大事なのは挿入のタイミングです。言わずもがな女性が濡れる前に無理に挿入すると摩擦でかなりの痛みを与えます。挿入前は前戯でたっぷりと濡らしておきましょう。できれば前戯で一度イカせておくと挿入でも感じやすくなります。

挿入するときの注意

いくら濡れていても気持ちいいと感じるかどうかは別です。濡れていたって痛みを覚える人もいます。特に注意したいのは最初の挿入時。このときに一気に奥まで突っ込んでしまうと高確率で女性は痛がります。極力ゆっくり少しずつ挿れてあげるようにすると、焦らし効果も伴って女性側の体勢も少しずつ整ってきます。女性の体を気遣いながら挿入してあげましょう。

挿入してからの動き

激しくすれば女性はイク!これは間違いです。激しいだけのピストンはただ痛みを与えるだけになりかねません。挿入の快感は二人で作っていくものです。大事なのは気持ちいいと感じるスポットに当たっているか、動きがマッチしているか。
深く根本までゆっくり挿入した状態で止まっていても女性は感じるようです。そのまま円を描くようにゆっくりくるくると回してみましょう。深い快感を与えられます。そこから徐々に動きを加えていきましょう。
単に出し入れするだけのピストンも、実はあまり快感になりません。クリトリスが刺激されないからです。男性器の根本を毎回当てるような深いピストンをすると女性は感じやすいようです。

Gスポットを開拓

女性器の中にあると言われている性感帯「Gスポット」。女性器の中数センチのところにあるザラっとした一帯です。ピストン時にはここを刺激することで強い快感を与えられると言われています。
しかしGスポットは開発ありきの性感帯。見つけたからと言って刺激してみても、その女性がGスポット初心者だったらいきなり気持ちよさを感じさせるのは難しいです。少しずつ開発していきましょう。Gスポットが開発されてくれば中でイキやすくなってきます。