みんなの体験談12

エッチ、セックスでの「みんなの体験談12」のページです。

女性のイカせ方研究所 サイトマップ

不感症をデンマで解決したら彼女になった

  • [H.N]クリスマスマン
  • [年齢]20

仲の良い1つ下の女友達がいるんですが、最近その子に彼氏ができました。
その女友達は、見た目は大◯優子ちゃんみたいで、胸も大きいしスタイルもいいし、顔もいいしで正直レベルはかなり高めなんですが、今までその彼氏以外と一度もエッチをしたことがなかったようです。
でもそのエッチをした翌日電話がかかってきて相談したいと言われ、夜の公園で二人で会うことに。
友達「彼氏とエッチしたんだけど、全然気持ち良くなかったんだよね。私好きじゃないのかな?」
俺「はじめてだったんでしょ?痛いとかそういうのもないの?」
友達「うん。なんにも感じなかった」
俺「不感症なんじゃない?」
友達「嘘でしょ・・・まじ?」
俺「いやわかんないけど」
こんな感じで相談を受けて、もう何回かしてみたらとアドバイスをしてこの日は終わりました。
それから1週間後くらいにまた彼女から連絡が来て、今度は家に来てほしいとのこと。
行ってみると「ちょっと私とエッチしてみてほしい」と言い出す彼女。
どうやら1週間彼氏と泊まり込みでセックスをしまくったらしいんだが、やはり一切何も感じなかったらしい。
俺はお言葉に甘えてヤッてみるがたしかに不感症ぽかった。
そこで俺はデンマを用意。最初こそ平気な顔をしていたが、デンマの振動レベルを強にすると途端に表情が険しくなる。
どうやら気持ちいいみたいでデンマを続けていくと、イクことに成功。
それから今度は俺が1週間泊まりこみでデンマ開発セックスをして見事彼女は不感症を克服できたんですが、そのまま俺と付き合うことになりました。

M女は犯すようなエッチが大好き

  • [H.N]さだお
  • [年齢]29

AV男優のようなエッチの仕方って、よくダメだと言われるけど俺の彼女は全然そうでもない。
むしろ優しくするより犯すように激しくされる方が断然気持ちいいと言っている。
だから手マンの時もガシガシと2本の指を中でかき回し、腰が少し浮いてしまうくらい動かしますが、彼女はそれに合わせて何度も潮吹き。
自分がオモチャのように扱われることが興奮するらしく、手マンだけで何度も失神することだってあります。
フェラも普通のフェラなんてしません。全てイラマで、地面も彼女の身体もベトベトになるまでえづき汁を出させます。
1回馬乗りになって、思いっきり根元まで押し付けて大きくグラインドしていたら自分の唾汁と俺の下っ腹で息が吸えなくなり、足をバタバタしながら抵抗していましたが、最終的には泡を吹きながら失神したんですが、失神中も潮をまき散らしながら絶頂していました。
ちょっと危険だからこのイラマはやめておこうと提案した事もありますが、彼女の方からたまに「やって」と言ってくるくらいです。
更に彼女は挿入中にスパンキングをされるのが大好きで、俺はいつもバックから突き上げながらケツを叩かされています。
中出しをされて、いつ赤ちゃんができるかわからないというハラハラ感も好きらしく、避妊具なしのセックスも珍しくありません。
しかも家の中だけでは飽き足らず、外でするのも大好きで、人通りの多いところで向こうからせがんでくるときだってあります。
一回電車の中で「痴漢エッチしよ♡」と言われた時はビックリしました。
たぶんドがつくくらいのM女だからかもしれませんが、彼女曰く、女の子にはどこかしらそういう部分があるそうです。

ナンパした女を超敏感体質にした

  • [H.N]梅干し
  • [年齢]31

せっかくの休日だというのに、何もすることがなく駅でただひたすらコーヒーを飲みながら人間観察。
そこをとんでもない美女が通りすぎます。ナンパなんて久々だけど、ここで声をかけなかったら一生後悔するだろうということで、意を決して声をかけます。
するとちょうど彼女も友達にドタキャンされて怒って帰ってる最中だったらしく、愚痴を20分ほどこぼしてくれました。
それで仲良くなって、二人でお茶。コロナでパパ活をしているという彼女は、かなりカワイイにも関わらずガードはユルユルそうだったので、思い切ってラブホに誘ってみます。
「私たぶん不感症だけどそれでもいい?」と言う彼女に、俺は「じゃあ敏感になれるように頑張る。」と言ってラブホへ。
まずは優しく抱きしめたりキスしたりと、ゆっくり時間をかけながら彼女の唇や肌を愉しみます。すると薄い吐息をもらすようになる彼女。
「なんか変な気分になってきた♡なんか上手だね♡」と言う彼女の身体中を、今度は優しく舐めまわします。
決して乳首やアソコには触れないように、焦らすように舐めまわします。
薄かった吐息はいつのまにかハァハァとしだしていて、既にベッチョリ濡れているアソコへと舌を這わせます。
するとビクンとのけ反りながら感じはじめ、アンアン喘ぎだす彼女。
「全然敏感じゃんw」と言うと「いや本当にこんなの初めてなの」と言う彼女。そのフレーズに喜んだ俺は更に、手マンでビチャビチャにしてからイン。
もう最後の方には彼女の方から腰を振ってヨガっていました。
パパ活でイキ急いでるオヤジばっかだったから、前戯らしい前戯は全然経験がなかったようです。